外構の工事費用もちゃんと考えてマイホームを建てる

注文住宅を建てる際、敷地面積自体が建物よりも大きめだという場合でしたら、庭のことも考えて予算を決めていかないと後々困ったことになりかねませんよ。注文住宅ではわりとよくあるケースなのですが、「外構は後回し」としておいて、他に費用を回して外構部分は本当に最低限しかしなかったら、後にトラブルになるケースもありますから。

たとえば、野っ原だと思われて駐車をされたりする場合もありますからね。塀でも門でも建てておかなかったために、住宅の敷地だとみなされずに駐車されることもありますからね。そして、外構に手をかける必要性を感じたところで、肝心の「お金」がなかなか出てこなかったりしますから。

いや、どこの家も外構の費用分ぐらいのお金はあるでしょうけれど、しかしそのお金を外構に使うのがとても惜しいという場合もありますから。マイホームを建てたばかりですと、貯金額も少なくなりますので、その少ない貯金から外構工事費用に回したくないという気持ちになるのです。

ですからこそ、庭部分もあらかじめ費用を考えて、マイホーム建設時に同時に作ってしまうのがいいのです。後からとなると腰だって重たくもなりますし。

PR|注文住宅の土地選びはこちらへ