注文で建てた自宅について

注文住宅で家を建てて住み始めて3年ほどになります。
知り合いの工務店に依頼して建ててもらったのですが、家を建てるのは初めてだったので、ほぼお任せでした。
とても住みやすい良い家で大変気に入っているのですが、採光を優先した結果窓をたくさんつけたので、冬場の寒さが思った以上なのが気になります。
気密性の高い住宅なので、我慢できる範囲ではありますが、窓の大きさにはもう少し気を配れば良かったと思います。
窓が大きいと、夏場も意外と暑いのでカーテンも余計に必要です。
エアコンの効率も変わってくると思うので、家を新築する方には、窓の数や大きさに配慮することをお勧めしたいです。
冬の寒さを特に感じるのが、2階のロフトのある部屋です。
天井が高いため、他の部屋よりも寒いです。
そのため、ロフト部分に断熱性の高いカーテンを付けて対策をしています。
その他にも、冬場冷気が気になる窓には、ポリカ樹脂の内窓を自作して、エアコンの効率を上げています。
建ててみてわかることは意外と多いと実感しています。